1. TOP
  2. ハイタカ
  3. ハイタカの生態や鳴き声・幼鳥の特徴について

ハイタカの生態や鳴き声・幼鳥の特徴について

皆さんはハイタカという鳥をご存じですか?名前だけは知っているけど、どんな鳥か詳しくは知らない、という方が多いのではないでしょうか?

ここではハイタカの生態や鳴き声・幼鳥の特徴についてご紹介します。


ハイタカの名前の由来

ハイタカ 名前 由来

ハイタカの名前の由来は、「疾き鷹」が語源になり、これが転じて「ハイタカ」となったようです。

「はしたか」とも呼ばれていたようです。

もともとハイタカは、ハイタカのメスに事を指す名前だったようで、メスとは色の違うオスは「コノリ」と呼ばれていたそうです。

ハイタカの漢字表記・英語名・学名

ハイタカの漢字表記は「鷂」と書くようです。

「ゆらゆらと、いつまでも空中に浮かぶ鳥」というような意味があるようです。

英語表記はSparrowhawkとなります。

「スズメダカ」という意味でしょうか。

学名はAccipiter nisusというそうです。

>>タカの仲間「クマタカ」の鳴き声や生態、幼鳥の特徴についてはこちら♪

クマタカの鳴き声や生態・幼鳥の特徴について

ハイタカの特徴

ハイタカ 特徴

ハイタカはオスメスで色が違うようです。

幅広で丸みのある短い翼と、長い尾、腹部の横縞模様が特徴的な鳥です。

タカ類の中では小型な鳥で、見た目はオオタカによく似ていますが、大きさはオオタカの1/2程度しかないようです。

ハイタカの大きさ

ハイタカの大きさは、オスが全長31cmほどで、メスが39cmほどになります。

翼開長は62~76cmほどになるようです。

ハトより大きい程度のようで、タカ類では小型の鳥になるようです。

オスよりもメスが大きいのはタカ類では一般的なようです。

ハイタカの見た目の特徴や色・模様

ハイタカのオスは、背中が灰色で、翼の上面と尾が青みのある灰黒色、メスは上面全体が褐色がかった灰黒色をしています。

白っぽい腹面には、オスメスともに栗褐色の横縞があります。

翼は短めで、丸みのある形をしています。

しっぽは長めです。

スポンサードリンク

ハイタカのオスメスの違い

ハイタカ オスメス 違い

ハイタカのオスとメスは色も大きさも違うようです。

大きさはメスの方が一回り大きくなります。

オスは灰色の背中に青みのある灰黒色の翼と尾、白っぽい腹部には栗褐色の横縞があります。

メスは上面が褐色がかった灰色をしており、腹部の横縞はオスよりも細かく、首筋には青いまだら模様があるようです。

ハイタカの幼鳥の特徴

ハイタカ 幼鳥 特徴

ハイタカの幼鳥はメスに似ており、頭の後ろに不規則な白いパッチがあります。

胸に縦班や三日月状の斑があり、その斑が荒いのも幼鳥の特徴になるようです。

また、顔には明瞭な白眉斑があるのも幼鳥の特徴です。

ちなみに、ハイタカのヒナは真っ白な羽毛で覆われていますよ。

ハイタカの寿命

ハイタカ 寿命

ハイタカの寿命は最長10年という記録があるようです。

猛禽類の寿命は野生の小型種で10~15年と言われ、大きくなればなるほど長くなる、と言われているそうですよ。

ハイタカの生態

ハイタカ 生態

ハイタカは漂鳥に分類される鳥です。

漂鳥とは日本の中で季節によって移動をする鳥のことで、ハイタカは北海道と本州の山地で繁殖をし、秋冬には低山地や平地の林で暮らしているようです。

食性は他のタカ類と同じように動物食になります。

食性は動物食

ハイタカの食性は動物食になります。

特に小鳥類を好んで食べるようですが、ネズミやリスなどの小動物も食べます。

獲物を捕まえるときは、急旋回をしたり、急減速をしたり、自在に飛び回って狩りをするようです。

飛翔中の鳥を後方から追いかけて、長めの足でつかむという方法が多いようです。

単独行動をする

繁殖期にはペアで行動をしているハイタカですが、繁殖が終わると単独行動をするようです。

冬場は小鳥の集まる地域で、単独で行動をしている個体が多いようです。

渡りを行う

ハイタカの一部は渡りを行います。10月から11月にかけて大陸から韓半島を経由して西日本へ渡ってきて東進し、3月から4月にかけて大陸に帰っていくグループもいるそうです。

繁殖期

ハイタカは、繁殖期の5~6月ごろになるとペアを作り、巣作りを始めます。

巣は樹上などの高い場所に作り、枝をおわん型に積み上げ、内張りに小枝を敷き詰めた巣を作ります。

1度の産卵で4~5個の卵を産み、抱卵は主にメスが行います。

抱卵期間は33日程になるようです。

孵化したヒナは1か月ほどで巣立ちをします。餌を狩るのはオスが多いようですが、取ってきた餌はメスに渡して、ヒナに給餌をするのはメスになるようです。

ハイタカの生息地・分布

ハイタカ 生息地 分布

ハイタカはユーラシアのヨーロッパから東アジアにかけてと、北アメリカ大陸のほぼ全域に分布しています。

アフリカ大陸の北部や東南アジア・中央アメリカなどで越冬するようです。

日本では北海道と本州で繁殖し、本州以南で越冬をします。

大陸から冬鳥として渡来する個体もいるそうです。

生息場所としては、低地から亜高山帯にかけての森林や、都市部に生息するようです。

スポンサードリンク

ハイタカの鳴き声

ハイタカはあまり鳴かないようですが、飛行時に地鳴きをするようです。

ハイタカの鳴き声は「キッ キッ キッ」や「キョッ キョッ キョッ」などと聞こえる声で鳴きます。

仲間とのコミュニケーションや警戒をしているときに出す鳴き声のようです。

ハイタカとオオタカの違い

ハイタカ オオタカ 違い

ハイタカとオオタカは大きさがだいぶ違いますが、見た目はとてもよく似ているようです。

違いとしては、オオタカの方が翼の先が細くとがる、オオタカの尾には丸みがあるがハイタカは角尾に近いものが多い、頭はオオタカの方がより大きく、前に突き出て見える、ハイタカの方が風切や尾の斑が荒く明瞭で、はっきり見える、体型はハイタカの方がスマートに見え、オオタカは図太くがっしりした印象がある、などがあるようです。

まとめ

ハイタカ まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここではハイタカの生態や鳴き声、幼鳥の特徴についてご紹介しました。

ここでご紹介したことは、

☑ハイタカの名前の由来は、「疾き鷹」

☑ハイタカの大きさは、オスが全長31cmほどで、メスが39cmほど

☑ハイタカのオスは、背中が灰色で、翼の上面と尾が青みのある灰黒色

☑メスは上面全体が褐色がかった灰黒色

☑白っぽい腹面には、オスメスともに栗褐色の横縞がある

☑ハイタカの幼鳥の顔には明瞭な白眉斑がある

☑イタカの寿命は最長10年

☑ハイタカの食性は動物食で、特に小鳥をよく食べる

☑繁殖期以外は単独行動をする

☑一部のハイタカは渡りを行う

☑繁殖期は5~6月ごろ

☑ハイタカは日本では北海道と本州で繁殖し、本州以南で越冬をする

☑ハイタカの鳴き声は「キッ キッ キッ」や「キョッ キョッ キョッ」

☑ハイタカとオオタカは大きさがかなり違うが、見た目はよく似ている

です。

小さいながらの狩りがとても上手なハイタカ、狩りをしているシーンを一度見てみたいですね。

>>同じタカ科の「サシバ」の特徴や鳴き声、生態についてはこちら♪

渡り鳥「サシバ」の特徴や鳴き声・生態について

\ SNSでシェアしよう! /

鳥ペディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

鳥ペディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

toritoripe

関連記事

  • ジュウシマツってどんな鳥!?値段や飼育方法について

  • オオヨシキリの生態や生息地・鳴き声について

  • ノスリの生態や、特徴、トビとの違い等について

  • シメの生態や特徴、鳴き声について

  • サンコウチョウの生態や鳴き声・巣の特徴について

  • 「オカメインコの飼い方」種類や値段・鳴き声について