1. TOP
  2. ルリコンゴウインコ
  3. ルリコンゴウインコの値段や寿命、飼育方法について

ルリコンゴウインコの値段や寿命、飼育方法について

ルリコンゴウインコ この記事は約 6 分で読めます。

世界最大級のインコとされる、ルリコンゴウインコは「犬のような鳥」と称されるほど、とても人懐っこく、頭の良い鳥だと言われています。

色鮮やかで、人に従順、頭も良く人の言葉などもモノマネすることもあり、ペットとして人気の高いルリコンゴウインコについて調べてみました。


ルリコンゴウインコってどんな鳥!?

ルリコンゴウインコ どんな鳥

ルリコンゴウインコの性格は、温和で人に良く慣れ、飼い主以外の人や動物に対してもフレンドリーな対応をしてくれるようです。

ルリコンゴウインコの原産国

ルリコンゴウインコは南米原産のインコと言われています。

ルリコンゴウインコの大きさ・色・模様

ルリコンゴウインコは体長1メートル、体重は1キログラムを超える世界最大級のインコだと言われています。

見た目はとても鮮やかで、羽根は瑠璃色、胸から腹にかけてオレンジ色、クチバシは漆黒という姿をしてるようです。

ルリコンゴウインコの値段

人懐っこくて頭の良い、ペットとしてポピュラーなインコではありますが、値段は10万円以上と言われています。

必要な機材などを含めると、トータルで50万円以上になることでしょう。

ルリコンゴウインコの寿命

寿命は平均50年と長く、100年以上生きたとする記録が残っているようです。

人間とほぼ同等の寿命を持っていると考えても良いでしょう。

もし、飼育する場合には、万が一飼育が難しくなった場合の譲渡先などを調べておく必要があると言えるでしょう。

>>色が綺麗な「サザナミインコ」の性格や値段、色についてはこちら♪

サザナミインコの性格や値段・色・寿命について

スポンサードリンク

ルリコンゴウインコの性格

ルリコンゴウインコ 性格

ルリコンゴウインコの性格はとても温和で好奇心も高く、人懐っこいと言われています。

またその体の大きさからは意外に思われることも多いようですが、甘えん坊で寂しがりなところもあるようです。

人に懐きやすい

人にとても懐くと言われています。

飼い主以外にも、人や動物などにフレンドリーに接してくれるようです。

頭がいい

ルリコンゴウインコはとても頭が良いと言われています。

理解力もありしつけや言葉を覚えることもできると言われています。

また、人間の声のモノマネなども得意で、話すようになる個体もあるとされています。

忠誠心が強い

しっかりとしつけを行えば、飼い主への忠誠心がとても強い鳥になると言われています

>>「オキナインコ」の性格や寿命、飼い方についてはこちら♪

オキナインコの性格や寿命・価格・飼い方について

ルリコンゴウインコの鳴き声

ルリコンゴウインコの鳴き声はとても大きく、太い声をしていると言われています。

鳴き声の種類・意味

縄張り争いや甘えている時など、コミュニケーションとして鳴き声を出すことが多いようです。

また、モノマネが得意で人の声や、電子音などを上手に発音することがあるとされています。

このモノマネも一種のコミュニケーションとして行っていると言われています。

ルリコンゴウインコの飼い方

ルリコンゴウインコ 飼い方

ルリコンゴウインコはその体の大きさ、声の大きさなどを考慮して、飼育環境を準備する必要があるでしょう。

とても甘えん坊で寂しがりな性格なので、しっかりとスキンシップを取り、ストレスを与えないように注意すると良いでしょう。

飼育に必要な物

ルリコンゴウインコは世界最大と言われるほど体の大きいインコなので、飼育するにはそれなりの知識と経験が必要とされています。

ケージ、えさ箱、止まり木を用意する必要がありますが、普通のインコ用では全然小さいため、大きめのペットショップなどに用意されているフライトケージや、オーダーメイドのケージを購入すると良いでしょう。

えさ箱は金属製の物を、止まり木はケヤキなどの固い木を使用すると良いでしょう。

飼育環境や温度

暖かい地方で生まれたルリコンゴウインコは、寒さにとても弱いとされています。

飼育環境は暖かくしてあげましょう。

特に室外で飼育するような場合は、ペットヒーターなどの設備を整える必要があるとされています。

ルリコンゴウインコの餌

ルリコンゴウインコの餌は市販されている大型インコ専用フードを与えると良いでしょう。

また、野菜や果物を副食として与えて、栄養バランスが偏らないようにしましょう。

餌は複数の種類を与えておくことで、様々な味に慣れさせておくと良いと言われています。

スポンサードリンク

ルリコンゴウインコの飼育の注意点

ルリコンゴウインコ 飼育 注意点

ルリコンゴウインコはとても寿命の長いインコだとされており、飼い主よりも長生きすることを理解しましょう。

また、噛み癖や鳴き声の大きさをしっかりと理解して、しつけることが必要になることをに注意しましょう。

また、ルリコンゴウインコの治療費なども膨大な費用が掛かると言われており、適宜、保険などに加入することも検討が必要でしょう。

噛まないようにしつけをしっかりする

温和な性格であるルリコンゴウインコが、執拗に攻撃を仕掛けてくることはないとされていますが、元々の噛むチカラがとても強いため、しっかりとしつける必要があると言われています。

噛み癖の対策は、おもちゃなどを与えて、噛んでも良いものを与えると良いでしょう。

また、ストレスが溜まってしまうと噛み癖が出てしまうことがあるようなので、ストレス解消の対策も欠かさないようにしましょう。

放鳥や日光浴を1日最低1時間する

インコにとって日光浴はとても大事なことだとされています。

インコの体を作るカルシウムの吸収はビタミンDが必要だとされています。

このビタミンDは日光を浴びることで作られる為、ルリコンゴウインコが1日1時間程度、日光浴できる環境を用意してあげると良いでしょう。

放鳥もストレス解消にとても大事なことだと言われています。

1日1時間程度を目安に放鳥してあげると良いでしょう。

あまり長い時間放鳥すると、ケージに戻ることを嫌がる場合もあるようなので注意しましょう。

防音対策をする

ルリコンゴウインコの鳴き声はとても大きいため、防音対策は必須と言えるでしょう。

また、無駄な鳴き声を減らすために、飼い主を呼ぶ「呼び鳴き」などは無視するなどして、無駄であることを理解させるようにしましょう。

それでも鳴き声を無くすことは難しいため、周りの住宅に迷惑が掛からないように、防音設備のある施設を用意するなどの対策は必要だと言われています。

まとめ

ルリコンゴウインコ まとめ

世界最大級のインコ、ルリコンゴウインコについて調べてみました。

今回の記事の内容をまとめると、

☑世界最大級のインコである

☑人懐っこく温和で頭が良い

☑寿命は人間並みに長い

☑忠誠心が高く、飼い主に従順

☑鳴き声はとても大きい

☑人の声や電子音などのモノマネが得意

☑甘えん坊で寂しがり屋

ということがわかりました。

ルリコンゴウインコは最大級の大きさを誇る美しい鳥で、ペットとして人気ですが、広大な飼育環境や防音設備、インコを育てるための知識や経験が飼育には必要で、初心者には不向きであると言えるでしょう。

しかし、ルリコンゴウインコは一生の家族と言えるかけがえのないパートナーになってくれることは間違いないと言えるでしょう。

>>「オカメインコ」の飼い方や種類、値段についてはこちら♪

「オカメインコの飼い方」種類や値段・鳴き声について

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

鳥ペディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

鳥ペディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

toritoripe

関連記事

  • ミヤマホオジロの特徴や生態・鳴き声について

  • ユリカモメの鳴き声や生態、夏羽冬羽について

  • アヒルの種類や値段・飼育方法について

  • ツルシギの夏羽と冬羽、アカアシシギとの違いについて

  • ダイサギ・チュウサギ・コサギの見分け方

  • コイカルの特徴や生態・鳴き声について